本文へスキップ

社会保険・労務管理に関するご相談はさとう経営労務管理事務所へ


宮城県仙台市太白区八木山東1-5-17

請負と派遣とはどのような違いがあるのか?HEADLINE

請負とは、「請負人」が注文を受けた仕事を完成させて「注文者」に提供することで、「注文者」はこの仕事の完成に対して報酬を支払うことを約束します。
派遣とは、「派遣元」が雇用する労働者を、その雇用関係を維持したまま、「派遣先」のために労働に従事させることです。

 請負と派遣の大きな違いは、注文者(派遣先)から直接に指揮命令を受けるかどうかにあります。

 請負の場合は、注文者から指揮命令を受けません。注文者はあくまで仕事の完成に対して報酬を支払うので、原則として完成にいたるまでの具体的なやり方を指揮命令することはできません。

 派遣の場合は、派遣先の社員から直接に指揮命令を受けることになります。




偽装請負とは?

 実態としては労働者派遣であるにもかかわらず、形式だけ請負という労働実態のことが「偽装請負」と呼ばれています。

 これは、特に製造業において多く違反が発生しています。
 本来であれば、製造の請負契約とは、請負会社が製品を完成させて注文者であるメーカーに引き渡すことになります。

 しかし、実態としては注文者であるメーカーの自社工場構内に請負労働者を受け入れて、メーカー側の社員から直接指示を出したり、メーカー側の社員と混在して働かせるようなケースが発覚してきました。


偽装請負の問題点

 そもそも偽装請負は法令違反となりますが、単に違法というばかりでなく様々な問題があります。
 大きな問題点の一つは、安全衛生に関する点です。
 「派遣」では、安全衛生に関する措置を講じる義務は、原則として「派遣先」にあります。
 一方、「請負」では原則として仕事上の責任はすべて「請負者」にあります。
 しかし、偽装請負が行われている現場では、この安全衛生に対する責任の所在があいまいになり、安全衛生体制が機能せず、労働災害を招きやすいという点が大きな問題となっています。


なぜ偽装請負が行われるのか。

 偽装請負が行われる背景には、どんな動機があるのでしょうか?

 一つは、安全衛生に対する措置義務をメーカー(注文者)側が免れようとすることにあります。

 二つめは、平成16年の労働者派遣法の改正により、同一の業務に同一の派遣労働者を一定期間継続して受けいいれた場合、派遣労働者に対して直接雇用の申込みをする義務が派遣先に課せられたことが背景にあります。
 労働者を直接雇用することは、メーカー(注文者)側にとっては大きな負担となるため、これを避けようとするのが偽装請負を行う動機となっているとも考えられます。