本文へスキップ

社会保険・労務管理に関するご相談はさとう経営労務管理事務所へ


宮城県仙台市太白区八木山東1-5-17

パートタイマーにも有給休暇を与えなければいけないの?HEADLINE

パートタイマー、アルバイト、正社員などの雇用形態に関わらず、要件を満たした従業員には有給休暇をあたえなければいけません。

 ただし、週の所定労働時間が30時間未満であり、かつ、所定労働日数が週4日以下、あるいは、年間216日以下の場合には、所定労働日数に比例した日数の有給休暇を与えることができます(以下、比例付与といいます)。

 ここで、有給休暇を付与しなければならない労働者の要件、日数について確認しておきます。


@ 付与の要件
 6か月継続勤務した労働者で、全労働日の8割以降出勤したこと。
 その後、1年継続勤務するごとに8割以上出勤していれば、新たに有給休暇を与えなければなりません。

A 付与する日数
 付与しなければならない有給休暇の日数は以下の表の通りです。
 勤続年数  6か月 1年
6か月 
2年
6か月
3年
6か月
4年
6か月
5年
6か月
6年
6か月〜
 付与日数  10  11  12  14  16  18  20

 比例付与の日数は以下の表の通りです。
 週所定
労働日数
 年間所定
労働日数
 6か月 1年
6か月 
2年
6か月
3年
6か月
4年
6か月
5年
6か月
6年
6か月〜
 4  169〜216  7 8  9  10  12  13  15 
 3  121〜168  5 6  6  8  9  10  11 
 2  73〜120 4  5  6  6   7
 1  48〜72 2  2  2  3  3  3 


 また、未消化の有給休暇は翌年に限り繰り越されます。よって、2年間が経過すると未消化の有給休暇は消滅します。この際、無理に未消化分を買上げ(未消化の日数に応じて手当を支給すること)する必要はありません。